自宅兼事務所で行政書士を開業するメリット・デメリット

行政書士は、自宅の一室(自宅兼事務所)でも開業することができます。

そのため、収入が安定するまでは、「自宅兼事務所」で開業される方が多いようです。

※ここで言う「自宅兼事務所」は、いわゆる店舗付住宅という意味ではなく、「自宅の一室での開業」という意味です。

自宅兼事務所のメリットは、やはり、事務所を借りるための初期投資を抑えることができる点にあるかと思いますが、メリットばかりではありません。

自宅兼事務所であるが故のデメリットもあります。

ここでは、自宅兼事務所で行政書士を開業する場合のメリット・デメリットについてご説明いたします。

自宅兼事務所のメリット
・独立した事務所を借りる場合と異なり、初期費用とランニングコストを抑えることができる。
・自宅にある備品(事務用に使えるPC等)を利用するため初期費用を抑えることができる。
・子育てや介護中の方などは、仕事との両立がしやすい。

自宅兼事務所のデメリット
・独立した事務所に比べ、信用面で劣る場合が多い
 (依頼者・相談者の中には、自宅兼事務所を敬遠される方もいます。)
・相談や打合せの際、自宅に招きたくない方への対応が難しい
・立地条件によっては、業務を全て客先に出向くスタイルで行わなければならない
 (移動時間が多くなり業務効率が悪くなる)
・同業者や他士業の方が気軽に立ち寄ってくれない
 (独立した事務所よりも、立ち寄りづらい印象があるため、業務のやり取りに発展する機会が少ない。)
・忙しくなると、移動の費用や喫茶店等の飲食料だけで、
 独立した事務所を運営できる額を超えてしまうことがある。
・仕事と私生活のメリハリがつけ辛い

行政書士という事業を始める以上、「稼ぐために最良の方法」を選択しましょう。

この記事の詳細は、「行政書士「超」開業法!メンバーズサイト」で公開中です。

ライバルたちはあなたより一歩も二歩も先を進んでいます!
メンバーズサイトでは、事務所の経営を軌道に乗せることに成功された方々より頂いた成功談、失敗談、アドバイスやノウハウを多数ご提供しています。
開業時には、些細なことであっても、それを知らなかったが故に遠回りをしてしまうことはいくらでもあります。
また、気付いた時には大きく出遅れていたということもよくあります。
先人の経験は、大きなヒントになります。
ライバルたちは、あなたより一歩も二歩も先を進んでいます!
そして、確実にステップアップしています。
もし、あなたが手さぐり開業準備をしているのであれば、「行政書士「超」開業法!メンバーズサイト」をご活用ください。

行政書士「超」開業法!メンバーズサイトについて
メンバーズサイトへのログインには、「パスワード」が必要です。
パスワードは、リーガルファームで販売中の「行政書士開業セット」のご購入者様限定で公開しています。
パスワードの発行をご希望の方は、下記「パスワード発行申請」フォームに必要事項をご入力の上ご送信下さい。
弊社において「行政書士開業セット」の正規ご購入者様であることの確認をさせていただいたのち、「パスワード」をメールにてお送りいたします。
⇒ パスワード発行申請フォーム

※平成23年10月1日以降のご購入者様には、ご購入時にパスワードをご案内しています。

「行政書士開業セット」販売サイト
行政書士開業セットの詳細については、下記サイトをご参照下さい。
⇒ 行政書士開業セット(銀行振込・代金引換・クレジットカード対応)

行政書士開業セット