地方都市での行政書士の開業について

私は、東京の行政書士事務所で補助者として数年勤務した後、地元(地方都市)に戻り開業しました。

勤務先だった事務所では、主に、入管関連業務と風俗営業関連業務を担当し、その他、貸金業、古物商、飲食店、建設業、運送業、相続等の手続きを経験させてもらいました。

特に、入管関連業務と風俗営業関連業務は、開業後のメイン業務にしたかったので、自分から希望して担当させてもらいました。

東京から地元に戻り、開業準備を進めながら、地元の先輩行政書士の方々にお時間をいただき、色々と情報交換をさせていただきました。

また、各種の統計資料等で、この地域の外国人の状況や、風俗営業に関連する業者の動向等を徹底的に調査しました。

その結果、私が開業する地域では、入管関連業務と風俗営業関連業務をメイン業務にしても事業として成り立たないことが分かりました。

需要がほとんどなかったのです。

さらに、近い将来に需要が増えることも見込めなかったのです。

本来ならば、開業する地域の実情を調査したうえで、開業を見据えた業務経験を積むべきだったのでしょうが、当時の私は、そこまで考えることは出来ませんでした。

行政書士の仕事は、開業する地域によって取り扱う業務が大きく変わります。

地域によって、事業として成り立つ業務、事業として成り立たない業務もあります。

その地域の需要を徹底的に調査し、専門業務とすることも必要です。

この記事の詳細は、メンバーズサイトで公開中です。
⇒ 行政書士「超」開業法!メンバーズサイト


サイト管理者より
この記事は、行政書士事務所開業後の苦しい時期を乗り越え、現在、事務所の経営を軌道に乗せられた方より新規開業者のために頂いたメッセージです。記事によって文体や考え方が異なる部分がございますが、ナマの声をリアルにお伝えするため、あえて編集していない部分もございます。

ライバルたちはあなたより一歩も二歩も先を進んでいます!
メンバーズサイトでは、事務所の経営を軌道に乗せることに成功された方々より頂いた成功談、失敗談、アドバイスやノウハウを多数ご提供しています。
開業時には、些細なことであっても、それを知らなかったが故に遠回りをしてしまうことはいくらでもあります。
また、気付いた時には大きく出遅れていたということもよくあります。
先人の経験は、大きなヒントになります。
ライバルたちは、あなたより一歩も二歩も先を進んでいます!
そして、確実にステップアップしています。
もし、あなたが手さぐり開業準備をしているのであれば、「行政書士「超」開業法!メンバーズサイト」をご活用ください。

行政書士「超」開業法!メンバーズサイトについて
メンバーズサイトへのログインには、「パスワード」が必要です。
パスワードは、リーガルファームで販売中の「行政書士開業セット」のご購入者様限定で公開しています。
パスワードの発行をご希望の方は、下記「パスワード発行申請」フォームに必要事項をご入力の上ご送信下さい。
弊社において「行政書士開業セット」の正規ご購入者様であることの確認をさせていただいたのち、「パスワード」をメールにてお送りいたします。
⇒ パスワード発行申請フォーム

※平成23年10月1日以降のご購入者様には、ご購入時にパスワードをご案内しています。

「行政書士開業セット」販売サイト
行政書士開業セットの詳細については、下記サイトをご参照下さい。
⇒ 行政書士開業セット(銀行振込・代金引換・クレジットカード対応)

行政書士開業セット