独立事務所で開業するか、自宅兼事務所で開業するか?

行政書士事務所を開業する場合、独立事務所と自宅兼事務所ではどちらがいいの?

私は、開業して6年目になります。

行政書士事務所を開業するにあたり、独立事務所で開業するか、それとも、自宅兼事務所で開業するかということに関しては、多くの方が悩まれていることだと思います。

どちらの事務所形態もメリット・デメリットがあると思います。


私は、行政書士補助者の経験がありましたが、最初は自宅兼事務所で開業する予定でした。

事務所を借りる資金的な余裕が無かったからではありません。

幸いにも勤務先のボスが、補助者として私が担当していた関与先(プラス数社)については、開業後、私の事務所で関与できるように取りはからってくれましたし、それらの関与先については訪問対応が基本だったからです。

勤務時の生活を維持することを考えれば、事務所が無くても構わない恵まれたスタートふだったわけです。

しかし、開業予定日の約1か月前に急遽事務所を借り、そこで営業を開始しました。

何故、自宅兼事務所で開業せずに事務所を借りたのかと申しますと・・・

この記事の続きは、メンバーズサイトで公開中です。
⇒ 行政書士「超」開業法!メンバーズサイト


サイト管理者より
この記事は、開業の苦しい時期を乗り越え、現在、事務所の経営を軌道に乗せられた方より新規開業者のために頂いたメッセージです。記事によって文体や考え方が異なる部分がございますが、ナマの声をリアルにお伝えするため、あえて編集していない部分もございます。

ライバルたちはあなたより一歩も二歩も先を進んでいます!
メンバーズサイトでは、事務所の経営を軌道に乗せることに成功された方々より頂いた成功談、失敗談、アドバイスやノウハウを多数ご提供しています。
開業時には、些細なことであっても、それを知らなかったが故に遠回りをしてしまうことはいくらでもあります。
また、気付いた時には大きく出遅れていたということもよくあります。
先人の経験は、大きなヒントになります。
ライバルたちは、あなたより一歩も二歩も先を進んでいます!
そして、確実にステップアップしています。
もし、あなたが手さぐり開業準備をしているのであれば、「行政書士「超」開業法!メンバーズサイト」をご活用ください。

行政書士「超」開業法!メンバーズサイトについて
メンバーズサイトへのログインには、「パスワード」が必要です。
パスワードは、リーガルファームで販売中の「行政書士開業セット」のご購入者様限定で公開しています。
パスワードの発行をご希望の方は、下記「パスワード発行申請」フォームに必要事項をご入力の上ご送信下さい。
弊社において「行政書士開業セット」の正規ご購入者様であることの確認をさせていただいたのち、「パスワード」をメールにてお送りいたします。
⇒ パスワード発行申請フォーム

※平成23年10月1日以降のご購入者様には、ご購入時にパスワードをご案内しています。

「行政書士開業セット」販売サイト
行政書士開業セットの詳細については、下記サイトをご参照下さい。
⇒ 行政書士開業セット(銀行振込・代金引換・クレジットカード対応)

行政書士開業セット